異なるワクチンの接種間隔ルール改定

2020年9月18日

2020年10月より、ワクチンの接種間隔のルールがかわります。
(もともとスケジュールに則って接種されてきた方は、今まで通りでほとんど変更ありません。ご心配なく。)

 今までは 
   生ワクチン接種後    は次のワクチンまで4週間  
   不活化ワクチン接種後 は次のワクチンまで1週間  の間隔が必要でしたが、このルールがなくなります。

 ただし、生ワクチンの注射(経口ロタワクチンは含まれない) を連続で接種する時だけは、4週間の間隔が必要です。
 (例: MRワクチン接種後に、ムンプスワクチンを接種するときは、4週間後です)

 今までは、インフルエンザワクチンのシーズンには、他のワクチンのスケジュールに気を遣うケースが多くありましたが、
 その心配がなくなります。
 (例: 日本脳炎を接種した翌日にインフルエンザワクチン接種するのもOKです)