コロナワクチンの予約(予約サイトかコールセンター)

2021年7月10日

コロナワクチンのワクチンの予約を承ります。7月12日より

 ① 茅ヶ崎市予約サイト  https://taskcore.tkc.jp/cu/142077/r1/residents/procedures/apply/f152a7c8-6514-4f71-9dd4-123a0fa4ad97/input?po=1
 ② 新型コロナワクチンコールセンター 0120-159-267

 ①or②どちらかでの予約とさせていただきます。クリニックの電話予約/窓口予約はできません。(すでに当院の予約をとられている方は大丈夫です)

・「接種券」「身分証明書」「記入済の予診票」「お薬手帳(治療中の人)」を必ず持参してください。持っていない方は「絶対」接種できません。
・未成年は母子手帳・保護者同伴は必須です。
・車で来られると接種がスムーズです。
・他院とタブって予約を取ったり、無断キャンセルするマナーの悪い方は、一切接種できません。
・解熱剤(アセトアミノフェン)は院内処方できます。希望される方は当日希望をお伝えください。
・計画的に予約をお取りしておりますが、万が一行政による配送計画が遅れると、当院ではどうにもできません。 予約された方のワクチンが遅れる場合はかならずご連絡します。

赤ちゃんの頭蓋変形について

2021年4月13日

乳児健診等で「赤ちゃんの頭の形がいびつでは・・?」という質問をよく受けます。

ごくまれに病的な変形がありますが、ほとんどは「向き癖」によるもので、機能的に問題はないとされています。
要するに見た目の問題ということです。
成長とともにめだたなくなるケースが多いのですが、変形が強く残るケースもあるのは事実です。
機能的に問題はない・・・と3行前に書きましたが、歯列の異常、顎関節、偏頭痛などのリスクがあがるという報告も出てきており、アメリカでは矯正ヘルメット治療が定着しております。

日本では保険適応はありませんが、矯正ヘルメット治療が少しづつ認知され始めてきました。

当院では治療はいたしませんが、ご相談/ご紹介はできます。
 ・保険診療ではない。
 ・病院で病的な頭蓋変形を否定する検査・ステップがある。
 ・軽度の場合は対象にならないこともある。
 ・当院からは紹介状だけです。治療にはタッチしません。ご相談は保険診療でできます。
ということはご承知ください。

ヘルメットのメーカー/業者さんはいくつかありますが、玉石混合という印象は否めませんので、まずはご相談ください。

水いぼ(伝染性軟属腫)治療

2021年4月6日

水いぼ(伝染性軟属腫)は自然治癒する疾患ですが、半年から2年ほどかかります(かかることが多いです)。

リクエストに応じてピンセットで摘除することもありましたが、積極的にやる手技ではないと考えており、健診で跡がひどく残っている子を見るにつけ、いまでもその考えは変わっていません。
硝酸銀ペーストなどの方法もあることはありますが、煩雑なこともあり、普及には至っておりません。
ヨクイニンの内服をしている子もいますが、特効薬とはとても言い難いです。

今回、治療用の伝染性軟属腫用クリームを導入しましたので、ご案内いたします。
保険収載の薬ではないので、自費になりますが、15gで2200円と高価なものではありません。

医療機関でしか出せないものなので、ご希望の方は診察を経ての販売になります。

新型コロナウイルス検査(陰性証明書)

2021年2月18日

*2021年2月19日改訂

「無症状」の方対象の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検査を実施しております(健康保険は使えません)。

ID NOW™(コロナウイルスの等温核酸増幅検査機器)という新しい機器導入により体制が変わりました。
*車をお持ちの方は、検体採取からお支払いまで車内で完結できます。
*検体採取後、20分以内に結果が判明します。
*「職場での陰性確認」や「渡航に必要」等のケースを想定していますが、ご希望があれば特に理由は問いません。

1: ID NOW™ によるSARS-CoV-2遺伝子検査 (NEAR法)
 PCR検査と同様に、SARS-CoV-2の遺伝子を増幅して検出する装置です。感度/特異度ともにPCR検査と遜色ありません。
 アメリカでは1万8000台以上設置されています。
 PCRと同様にウイルス核酸を増幅して検出するNEAR法という検出機器です。
 測定原理などについてのご興味があるかたは以下のブログを参考にしてください。
 https://ameblo.jp/kids-forest/entry-12657530543.html
「厳密」にいうとPCR検査ではありませんが、一般的な陰性確認であれば、この検査が精度/迅速さからおすすめできます。
 鼻腔から綿棒で検体採取後、20分以内には結果が判明いたします。
 並行して複数人の検査はできないので、先に検査が入っていると順番待ちになりますが、そこはご了承ください。
 料金は 22000円(税込み 診察/面談/検査費/証明書(日本語or英語)等はすべて含まれます )

2: PCR検査(検査機関:LSIメディエンス) 
 唾液1ml または 鼻咽頭から綿棒で採取し、信頼できる検査機関へ委託します。
 検査結果は翌日夕~夜間にくることが多いので、基本的には翌々日の朝にご報告という流れになります。
 料金は 33000円(税込み 診察/面談/検査費/証明書等(日本語or英語)はすべて含まれます)
 ・PCR検査をご希望の方もウェルカムです。検体採取方法(唾液または鼻咽頭)はご希望に応じます。
 ・海外へ渡航される場合、検査に理解のない窓口では「PCR」検査を求められるかもしれません。「PCR」検査のほうが無難です。
 ・指定の書式が必要な方は別途ご相談ください。複雑なもの/特殊なものでなければ、基本的に無料で対応します。

・検査の流れ
 お電話で検査日時のご予約(車で来られるとスムーズです。車以外の方も日時をご相談いたします。)
    ↓
 事前にカルテをお作りするので、LINEをお使いの方は、郵便番号/住所/氏名/フリガナ/生年月日をお送りいただけるとスムーズです。
 LINEをお使いの方なら簡単な操作です。当院のLINE公式アカウントを下の「友達追加」バナーから登録してください
 友だち追加  ID検索は「@729eobut」です
    ↓
 ID NOW™ の場合 
  結果は検体採取後、20分ほどでお伝え出来ます。ただし並行して複数人の検査はできないので、先に検査が入っていると結果に時間がかかります。そこはご了承ください。
  検体採取後すぐ自宅に戻られてもかまいませんし、駐車場でお待ちいただいてもかまいません。
  結果は、口頭/電話/LINE どれも可能です。証明書は、手渡し/LINE添付/郵送(無料) どれも可能です。

 PCR(検査機関:LSIメディエンス) の場合 
  基本的に翌々日の朝に結果をお伝え出来ます(休診日は不可)。
  結果は、お電話/LINE どれも可能です。証明書は、手渡し/LINE添付/郵送(無料) どれも可能です。

*言うまでもないことですが、検査は100%の感度ではありません。偽陰性/偽陽性の可能性があります。
*万が一「陽性」の場合は、法律により医師の届出義務があります。
*現時点での対応なので、変更の可能性は大いにあります、ご了承ください。
*企業等でまとまった人数の方は 支払い方法/日時/場所等々、ご相談ください。
*PayPay/クレジットカード支払い可能です(支払い上限額にご注意ください)

証明書のサンプル
 IDNOW用
 PCR・抗体検査用

追記
*抗体検査について
 「現時点」では抗体の検出感度や臨床的意義が定かではないので、積極的には勧めてはおりません。ただし公衆衛生的視点や医学的な知見としての意義は多いにあります。知的好奇心で希望される方もいらっしゃると思うので、抗体検査は対応できます。少量採血します。他よりデータの蓄積のある アボット社/ロシュ社の検査を2つ提出します。料金は 12500円(税込み 診察/面談/検査費/証明書はすべて込)です。 
 ID NOWやPCR検査と同時に実施される方は、3000円ディスカウントして9500円になります。結果は平均2日後にお伝えできています。

新型コロナウイルス検査機器ID NOW™導入しました。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新しい検査機器を導入しました。
Abbott社のID NOW™(等温核酸増幅検査:NEAR法)という
PCR同様の新型コロナウイルス遺伝子を増幅し検出する機器になります。
当然保険診療で認められている機器で、PCRとまったく同じ保険算定が認められています。

メリットその1(迅速さ)
検体(鼻腔から綿棒)をセットしてから
陽性の場合は5分  陰性の場合は13分  で結果が判明します。
(*PCR検査の場合、平均2日後の朝)

メリットその2(精度)
 迅速抗原キットとは違い、遺伝子を増幅して検出するため、PCRと遜色ない

PCRとの違い
PCR検査は核酸増幅過程で加温/冷却を繰り返す必要がありますが、NEAR 法(Nicking Endonuclease Amplification Reaction)は冷却の必要がない酵素( polymerase/nicking enzyme)を使用しているので、短時間で結果を得られることができます。

デメリット
PCRですかと聞かれれば、PCRではありませんと答えます。
ですが、PCRと同じ核酸を増幅して検出する機器なので、臨床上の違いはありません。
PCRをはじめとした核酸増幅検出機器にはかなり種類がありそれぞれメリットデメリットがあります。Abott社は増幅過程におけるプライマー設計が優れているという意見もあり、当院ではあえてID NOW™ を採用しています。

症状がない方は、自費での検査になります。
詳細はインフォメーションの「新型コロナウイルス感染症(陰性証明書)」をご覧ください。

PayPay/クレジットカード使えます

2021年2月15日

PayPay クレジットカード 交通系カード 使えるようになりました。

電話診療/オンライン診療が可能になりました

2021年1月5日

新型コロナウイルス感染症感染拡大を防止する観点から、電話診療/オンライン診療が可能になりました。
ただし
 「本来は対面診療が原則であり、電話診療で対応できる疾患は限られること」 
 「当院に受診歴がある方のみ対象」                    
であることを何卒ご了承ください。

*電話再診の場合  
 ① まずはお電話ください。0467-50-1260/1261 担当事務員が、カルテ等の確認をいたします。
   保険証の更新や確認が必要な場合、LINEで保険証の画像を送っていただきます。
 ② 看護師より病状確認のお電話をいたします。医師の診療時間のご相談をいたします。
 ③ 医師より診療のお電話をいたします。

*オンライン診療の場合
 ① LINEで友達申請をお願いします。
       友だち追加 ← クリックするとQRコードが出ます。
       ID検索:@729eobut
 ② お電話をお願いします。
 ③ 保険証の更新や確認が必要な場合、保険証の画像を送っていただきます。
 ④ こちらから通話リクエストを送ります。
 ⑤ 通話リクエストボタンを押せば、オンライン通話が始まります。
   LINEを使っている方であれば簡単です。

 電話診療/オンライン診療後
  院外処方なので、薬局でお薬を受け取ってください(処方箋の扱いについてご説明します、期限は4日以内です)
  支払いのある方は後日窓口で清算となります(PayPayも可能)。

・重ねてのお願いですが、病状により必ずしも電話診療/オンライン診療できないことがありますので、そこはご了承ください。
・来院されている患者さんが優先ですので、お待ちいただくことがあります。
 (例:土曜の早い時間に電話診療/オンライン診療は難しいです)
・通信環境でオンライン診療が難しいケースがあります(だいたい上りの通信速度が低いケースです)。

高校1年生女子への大事なお知らせ

2020年12月1日

子宮頸がんワクチンのお知らせはがきが市から届いていることと思います。

子宮頸がんワクチンの公費接種範囲は 小6~高校1年 の女子です。
標準的な接種間隔は
 サーバリックス(2価):① ②(①の1か月後) ③(①の6か月後) 
 ガーダシル(4価)  :① ②(①の2か月後) ③(①の6か月後)   ですが、③が高校1年を過ぎると有料になります。

当院は効果の面から、ガーダシルを推奨しておりますが、
やむを得ない場合の接種方法として
 ガーダシル:① ②(①の1か月後) ③(②の3か月後) という最短スケジュールが可能です。

 ①を11月 ②12月 ③3月 に接種すれば年度内に完結するので、接種ご希望の高校1年生は、11月中に接種を開始することをお勧めします。

他のワクチンとの接種間隔は気にする必要はありません。

*追記
  3回無料の期間は過ぎてしまいましたが、年度内に接種できる分は無料なので、思い立った方は早めの接種をお勧めします。

新型コロナウイルス感染症対策について

2020年4月11日

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、患者様とスタッフの安全を守るために下記の通り、平時以上の院内感染対策を講じています。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

1.発熱患者さんの動線を分けております。38℃以上の発熱患者さんは車内からお電話をいただくか、保護者の方が受付にお越しください。

2.空気清浄機の使用に加え、1時間に1回5~10分程度の換気を行っているため、一時的に院内が寒くなってしまうこともあります。もし寒く感じられるときは遠慮なくスタッフにお声がけください。

3.スタッフ全員マスク等の感染防御対策を用して診察にあたっています。また医師及び看護師は患者さんに接するたびに手洗いや手指消毒を行っております

4.ドアノブやソファなど患者さんの手に触れる場所を含め、院内は定期的な消毒を行っております。

5.プレイコーナーの玩具・本の使用を当面中止とさせていただきます

6. 基本的に通常の診療をしておりますが、ご希望の患者さんは、「電話診療」も可能です。特にアレルギー外来で通院されている慢性疾患(喘息/アレルギー性鼻炎/アトピー性皮膚炎/夜尿症/慢性便秘/食物アレルギー等)で定期処方薬ご希望の患者さんはお電話でご相談ください。

患者さまの安全を守るために感染に十分注意して診察を行ってまいりますのでご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

年長児のワクチンについて(年長児以降の方は確認お願いします)

2019年5月23日

就学前に、ワクチンの接種漏れがないか、確認をお願いします。

・ MR(麻疹風疹)ワクチンの2回目(公費)

・ おたふくかぜワクチン/水痘ワクチンの2回目が済んでない方は、早めの接種を! 
   おたふくかぜ (自費:6000円 税込)
   水痘ワクチン (自費:8000円 税込)   (通常は1才で2回接種をしています)

・ この年齢は百日咳とポリオの免疫が低下しています。
  三種混合ワクチンとポリオワクチンの追加接種をすることをお勧めします。
   日本小児科学会の推奨する予防接種スケジュール
   http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule_hogosya.pdf

   三種混合ワクチン (自費:5500円 税込)   
   ポリオワクチン   (自費:9000円 税込)     
   ☆三種混合とポリオをセットで同時接種される方は12000円(税込)で接種いたします。

・ B型肝炎 (乳児期に公費で3回接種  1才以上は自費になります。6000円税込/回)

・ 日本脳炎 (公費  通常は3~4才で3回接種をしています)

* 上記のワクチンは就学後でも可能です。スタッフにご相談ください。
* 二種混合(公費:11~12歳で接種)の代わりに、百日咳が入った三種混合(自費)の接種も勧められます。

古い投稿 »