B型肝炎ワクチンが定期接種化

2016年9月24日

2016年10月1日よりB型肝炎ワクチン(ビームゲン/ヘプタバックス)が定期接種化されます。

対象は 「2016年4月1日以降に生まれたお子さん」 (それ以前に生まれた子は自費接種となります)
 
接種時期 : 生後2ヶ月から1回目 2回目は1回目から4週後 3回目は1回目から20~24週後 (1才になるまで!)

「通常」は生後2ヶ月からHib・肺炎球菌等と一緒に開始して、スケジュールに沿って接種すれば問題ないのですが、時折接種スケジュールが乱れる人がいます。
「1才になってしまうと」、公費の対象ではなくなるのでご注意ください。

備考:「2回目接種が遅れた場合」の3回目の接種時期については、統一された見解はありません。当院では日本小児科学会のキャッチアップスケジュールに則り、2回目から16週以上明けての接種をすすめています。ただし、「1才を過ぎて自費になってしまう」などの場合は、多少短くても良いと思います。

自費接種について:
現時点では、2016年4月1日以前に生まれた子に対するする補助は茅ケ崎・寒川・藤沢ではありません。
声を大にして言いたいところですが、「是非すべてのお子さんに接種したい」ワクチンです。
接種していないお子さんは、家庭でぜひご検討ください。

接種スケジュールは同様に3回   値段:6000円(10歳以上6500円)/回

このコメント欄の RSS フィード